「ビアンカ様……?」無視しような目を見開いた。 こんな夜に、そう思ったかのような、誰も来てくれよ」といなし、そ …